集客率が高いアメリカ不動産投資は注目されている

一軒家

海外の投資商品

外観

海外への不動産投資の傾向

不動産投資は、不動産を保有して不動産を運用することで得られるインカムゲインや購入時と売却時の価格差によって得られるキャピタルゲインによって利益を得る投資法です。古くからある投資法ですが、金融商品などと比べて比較的安全であり、また資産を形成できるメリットがあります。一方で、日本国内の不動産市場は飽和状態であり成長性が見込める地域は限定的です。特にキャピタルゲインで利益を得る方法は難しくインカムゲインで不動産を運用することで利益を得る投資法が一般的です。キャピタルゲインを得るためには地価の上昇が著しい地域である必要があり、このため成長性のある海外の不動産への投資に注目が集まっています。海外不動産の有望な地域としては経済成長が著しい東南アジアがありますが、先進国としてはアメリカ不動産投資が安全といえます。

アメリカの魅力

アメリカ不動産投資のメリットとしては、第一に不動産購入のための法律が整備されていることや、買主を保護する制度があるという点です。また第二には米ドルでの売買となるという点です。特に不動産投資では、法律が整備されていることが大前提になります。法律や買主を保護する制度が整備されていないと思わぬ不利益を被るリスクが高まります。この点でアメリカ不動産投資は長い実績があるため外国人であっても安心して購入することが可能です。またアメリカ不動産投資では米ドルでの売買であるため通貨が安定しているという点があります。東南アジアなどの新興国では通貨が不安定であり、思わぬ通貨変動で大きな不利益を被るリスクがありますが、米ドルの場合には変動幅も限定的です。